最高の1日

今日のマーケット(日本ではマルシェ)のコロナでの影響で中止になりました。

僕たち飲食のマーケット出店者は通常前日または前々日くらいから仕込みを始めます。それは僕のビジネスも例外ではありません。そしてなんと中止の連絡が来たのが仕込みも8割方終えた金曜日の夜でした。それからスタッフのライングループで中止の連絡をしました。

僕は「まぁなんとかなるだろうなぁ」と思いながら作った材料を無駄にしたくないという思いから、今やれる事を全力でやろうと色々なカフェやレストランに日曜日にPOP up shop が出来ないか連絡を取りました。と同時に一緒のマーケットに出店予定だった他の店にも連絡を取り一緒にポップアップショップをやらないか?と連絡を取りました。

まだ場所すら決まってないのに笑

そして土曜日の朝、連絡をしていた一つのカフェから連絡がありポップアップが出来ることになりました。一緒にやってくれる出店者も見つかりました。

やるとなったらスタッフを集めないといけませんが、オーストラリア内のほとんどのイベントはキャンセル、飲食業もかなり厳しいと言われてる中どれだけお客さんが来てくれるかわかりません。

なので僕はグループラインでスタッフにお願いをしました。「ドーナツとお寿司食べ放題、コーヒー飲み放題、絶対楽しいポップアップイベントにします。ボランティアでお手伝いしていただける方はいませんか?」

そしたらほとんどの方がすぐに「行きます!何時からですか?」返信をくれて本当に嬉しかったです。こんなにも愛を感じることができるなんて思ってもみませんでした。

それからはSNSで食材を無駄にしたくない事、僕達が使う食材には生産者がいてその人達の食材に対する思いがある事を投稿しました 。それをスタッフやお客さんみんなが拡散してくれて日曜日の当日を迎えました。

営業時間は朝9時からお昼の3時まで。

スタッフと一緒に朝5時くらいからカフェに行ってお店のセットアップ。

そしてドキドキの9時の開店。さて前日に急遽決まったポップアップ準備時間は約1日どれだけお客さんが来てくれるのか?

結果は開店の9時から3時まで満席の大繁盛。大成功でした。

「食材を無駄にしたらもったいないものね」と来てくれたお客さん。中には車で2時間かけてきて駆けつけてくれたお客さんもいました。

ボランティアにもかかわらずいつもと同じように楽しく働いてくれるスタッフ、僕達の思いを受け取ってくれるお客さん、店を貸してくれたオーナーさん。結果的にそんな沢山の人達の優しさを感じる事ができたすごく幸せな最高1日になりました。

 

 

最高の1日” への2件のフィードバック

  1. 普通の人なら『最低の1日』というタイトルで書いてもなんらおかしくない状況から『最高の1日』に持っていったストーリーはさすがですね。前日、当日と私はインスタのストーリーで状況を見ていましたが、一瞬たりとも落ち込んだ気持ちを外に見せずに次の瞬間から次の行動をしている点は目を見張るものがありました。
    成功したのは写真を見れば言うまでもないですが、経営者の普段の立ち振る舞いが良いのだとブログを読んだ全員が思ったでしょうね、感動しました!!

    1. コメントありがとうございます。
      人への感謝する心を見直せた素晴らしい日でした。

コメントを残す